アカデミックセッション/as2d

アカデミックセッション

ゆるふわ企画 夢と希望と現実と
座長: 谷上 賢瑞 (東京大学分子細胞生物学研究所分子情報研究分野・助教)
藤井 信之 (国立遺伝学研究所・研究員)
ID AS2d 日時 9/5(木) 10:50-12:20 会場 D
概要 本セッションでは、通常の研究発表とは異なり、データは全くありません。数十年後のサイエンスの未来を想像(妄想)していただき、それにちなんだ講演者の夢を語っていただきます。
・現時点では実現性が低いが、ド胆を抜くようなアイデア!
・社会問題に対する斬新なアプローチ!
・ブレークスルーを通じた各分野の発展!
など、参加者との議論の呼び水になるような話題をご期待下さい。
  • 「生体分子計測から覗き見るわたしの健康状態」
    八谷 剛史 (岩手医科大 いわて東北メディカル・メガバンク機構 生体情報解析部門・特命准教授)
  • ゲノムプロジェクト以降の10年間ではcommon disease-common variants 仮説に基づき、SNPsマーカーを用いたGenome-wide association study(GWAS)手法の確立と解析が進められてきた。しかしながら、疾患発症に強い影響を及ぼすゲノム多型は、common disease-common variants仮説から期待された程は見つからず、多型情報のみからは充分に疾患発症を予測できていない。次世代型予防医療を実現するには、予防のための医療介入の根拠となるに充分な確度で、疾患の隠れた進行を「顕在化」させることが必要不可欠である。そこで、いわて東北メディカル・メガバンク機構では、疾患発症の過程で段階的に異常化すると予想される生体分子情報、すなわち、DNAメチル化修飾情報及び遺伝子発現情報に着目し、確度の高い疾患進行顕在化マーカーを同定し、疾患進行度をスコア化することを将来的な目標としている。
  • 「組織培養と不死化」
    緒方 法親 (株式会社日本バイオデータ・代表取締役/株式会社ネオ・モルガン研究所・研究員)
  • 組織培養は100年前にはじめて行われ、以来、研究や技術の目的で広く利用されている。培養技術の発展によって我々は、多くの種類の細胞を培養し、また、培養から新しい種類の細胞を作出することができるようになった。しかしながら、培養する前の細胞の性質を完全に維持したままに培養を行うことは、未だに不可能である。細胞・組織の元の性質を完全に維持した組織培養の開発による、病変部の除去や欠失部位の再生を必要としない治療の可能性について発表する。
  • 「がんの定義とがん遺伝子診断」
    西塚 哲 (岩手医科大学医学部外科 岩手医科大学医歯薬総合研究所・講師)
  • がんの診断には視認できる程度の大きさが必要である。一方、がんの始まりである1個の細胞を視認することは難しい。即ち「見えないがん」は存在している。1個のがん細胞には既にがん特有の遺伝子変異が含まれているはずである。がん特有の遺伝子変異を効率的に検出できれば、現在のがん診断の定義が変わる可能性がある。
  • 「公共NGSデータベースの希望と現実 – 誰のために公開するのか」
    大田 達郎 (ライフサイエンス統合データベースセンター・特任技術専門員)
  • 公的資金による研究において出されたデータを,誰でも自由にアクセスできる形で公開することは,科学の発展を促進するための重要なポリシーの1つであるとされている.しかし,細分化された目的に沿って生み出される大量のNGSデータをポリシーに沿って公開することは,その過程で研究者に大きな負担を強いることになり,データを質の高いメタデータと共に公開することが困難である場合も少なくない.結果としてデータベースの運用や開発,さらには第三者にあたる研究者が公開データを二次利用するためのコストも高くなっており,現状では本来のデータ公開の意義が十分に果たされているとは言い難い.大規模で複雑化するNGSデータを公開する意義はどこにあるのか,データ登録者とアーカイブ側,さらにそのDBを利用する研究者にとっての,公共データのあるべき姿について議論する.